静岡新聞NEWS

子どもの権利考える 富士市、条例制定向けパネル討議

(2020/2/12 08:15)
子どもの権利について考えなどを語る登壇者=富士市のラ・ホール富士
子どもの権利について考えなどを語る登壇者=富士市のラ・ホール富士

 2021年度中に子どもの権利条例制定を目指す富士市は11日、講演会兼パネル討議「このまちの子どもの権利を考える」を同市のラ・ホール富士で開いた。パネル討議では、支援団体代表や高校生がそれぞれの立場で考える子どもの権利について語り合った。
 パネル討議で、富士市立高2年の女子生徒は、誰が何を書いているか分かる方法で実施されている「いじめアンケート」に疑問を投げ掛け、「子どもが助けを求めやすい方法を」と提案した。
 子どもの居場所づくりに取り組むNPO法人ゆめ・まち・ねっとの渡部達也代表は、通いたくない子どもも通わざるをえない放課後児童クラブが拡大する実情を踏まえ、「子育て支援が、子どもの支援になっているのか」と問題提起した。
 基調講演では、大荒牧重人山梨学院大教授が、先行する市町の状況を解説し、「子どもに耳を傾け、現実を把握することで富士市の子ども、市民にふさわしい条例になるはず」と助言した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト