静岡新聞NEWS

自転車ロード、沿道で補助 小山町、12日からサポーター募集

(2020/2/11 15:00)
サポーター募集 五輪
サポーター募集 五輪
サポーター募集 パラリンピック
サポーター募集 パラリンピック

 小山町は12日から、東京五輪・パラリンピック自転車競技ロードレースの運営を沿道で補助するボランティア「コースサポーター」を募集する。活動日は公道を使う競技開催日の6日間と試走が行われる2日間の計8日間で、延べ2800人超を募る。3月31日まで。
 活動場所は町内のコース沿道で、コーン標識をはじめ資機材の設置と撤去、観戦者や通行人の整理と案内などを担う。活動は1日4時間程度。町の担当者は「大会をスタッフとして支え、心の中にレガシー(遺産)を残してほしい。競技を最も近くで見ることができる」と参加を呼び掛ける。
 対象は4月1日時点で満15歳以上。応募は原則3~5人のグループ単位だが個人でも可能。応募者が募集人数を超えた場合は町内在住者や複数日に参加できる人を優先する。活動で使うTシャツや帽子を支給し、食事や交通費は提供しない。
 希望者は町のホームページから申込用紙をダウンロードして記入し、郵送またはファクスで申し込む。
 昨年7月に開かれたテスト大会では町内で約1100人がコースサポーターを務めた。町は五輪・パラでの人員確保に向けて、テスト大会で活動した人や町内外の企業などに対し参加を働き掛けるという。
 問い合わせは町五輪・パラリンピック推進局<電0550(70)3355>へ。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト