静岡新聞NEWS

森町長選、現職太田氏が無投票再選 町議補選の2人当選も決定

(2020/2/5 07:20)
無投票での再選が決まり、笑顔を見せる太田康雄氏(右)と多子夫人=4日午後5時15分ごろ、森町のJA遠州中央森支店
無投票での再選が決まり、笑顔を見せる太田康雄氏(右)と多子夫人=4日午後5時15分ごろ、森町のJA遠州中央森支店

 森町長選と町議補選(欠員2)は4日午後5時、立候補者の届け出を締め切り、町長選は現職の太田康雄氏(60)=無所属=が無投票で再選された。同町長選の無投票は8年ぶり。
 太田氏は2期目の公約に「人の交流でにぎわうまちづくり」など五つの施策を掲げ、多様な観光拠点の創出、積極的な企業誘致と雇用の確保などを推進するとした。1期目に取り組んだ定住・移住施策などの実績も強調し町政の継続を訴えた。
 午後5時すぎ、JA遠州中央森支店に到着した太田氏は支援者の祝福を受け「これからの4年間は力強く大胆に政策を進める。心和らぐ森町の実現に全身全霊で取り組む」と語った。
 町議補選も無投票となり、いずれも新人の写真撮影業川岸和花子氏(48)=無所属=、ボランティア団体副代表出口裕氏(70)=同=が初当選した。

 森町長の略歴 太田康雄氏(おおた・やすお)信金職員として22年間勤務し、2005年、森町議に初当選。1期目途中の08年に町長選に立候補して落選。その後、再び町議に当選し、計3期務めた。明治大卒。同町森。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿