静岡新聞NEWS

SDGsで意見交換 静岡・駿河区で企業が取り組み発表

(2020/1/27 08:29)
SDGsをテーマにしたシンポジウムで行われたパネルディスカッション=静岡市駿河区
SDGsをテーマにしたシンポジウムで行われたパネルディスカッション=静岡市駿河区

 静岡市は26日、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)を市民らと考えるシンポジウム「地域社会とSDGs~みんなで進めるSDGs~」を静岡市駿河区で開催し、約250人が参加した。
 駐日フランス大使館のリュカ・フロマン1等書記官、国連開発計画(UNDP)の近藤哲生駐日代表、外務省の塚田玉樹地球規模課題審議官が基調講演した。「SDGs宣言」をした市内の企業などが取り組みを発表し、宣言企業同士の連携を提案した。
 基調講演をした3氏とシャンソン化粧品の石上一葉執行役員、少年少女国連大使の井上紗彩さん、県立大の鬼頭宏学長らがパネル討論し、来場者と意見交換も行った。「SDGsが採択されて5年経過しても環境が悪くなるのはなぜか」といった来場者からの質問に、パネリストらは「地球規模で意思決定するのは難しい」「政治的リーダーが正しく理解する必要がある」「まずは自分たちができることを続けていくしかない」などと回答した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト