静岡新聞NEWS

衆院静岡4区補選、自民公募に県議2氏 県連が19日決定

(2020/1/17 07:14)

 自民党衆院議員の望月義夫氏の死去に伴う4月の静岡4区補欠選挙で、同党県連は16日、後継候補となる衆院4区支部長の公募を締め切った。応募は、いずれも県議の深沢陽一氏(43)=静岡市清水区選出=と木内満氏(39)=富士宮市選出=のみだった。
 書類や面接による審査を経て19日の選考委員会や総務会で決定し、党本部に上申する。
 結論の出ていなかった富士宮市芝川支部は16日までに役員会を開き、深沢氏を推薦すると決めた。同支部関係者によると、推薦願を提出したのは深沢氏だけだったという。
 公募は4区内の自民市議、県議、地域支部のうち3人(支部)の推薦が要件。木内氏は富士宮市富士宮支部など、深沢氏は静岡市清水支部などの推薦を得て要件を満たした。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿