静岡新聞NEWS

静岡空港の駐車場有料化 運営会社、無料区域の台数検討

(2020/1/16 07:25)
4月から駐車場の有料化を目指す静岡空港=牧之原市(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ」1号から)
4月から駐車場の有料化を目指す静岡空港=牧之原市(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ」1号から)

 2009年の開港以来、全て無料としてきた静岡空港(牧之原市)の駐車場を4月から有料化する問題で、空港運営権者の富士山静岡空港株式会社が、約2千台分のうちどの程度を無料区域として残すか検討を進めている。これまで無料駐車場が同空港の大きなセールスポイントだっただけに、搭乗客だけでなく、搭乗客を上回る見学者をどうつなぎとめるか、同社が頭を悩ませている。
 有料化は繁忙期の混雑解消が主な目的。同社は20年度中に約2千台分の半数以上を有料化することを目指すが、具体的な数は決まっていない。有料スペースは空港ターミナルビルに近い場所から確保する方針で、料金は1泊2日で500円程度を軸に調整している。
 ただ、一部利用者に有料化への抵抗感があるのも確かだ。同社が最も懸念しているのは、年間搭乗者数を上回る見学者の“空港離れ”だ。18年度の搭乗者は開港以来最高の71万人を数えたが、見学者も109万人と過去最高を記録した。
 この見学者向け有料区画でも「最初の1時間は無料」とする制度の導入なども検討している。ほかにも空港ターミナルビル内店舗での買い物利用者のために、駐車料金の割引制度導入なども念頭に置いている。
 同社の調査では、空港駐車場の日帰り利用者のうち、2時間以内の利用が8割を占めた。担当者は「飛行機に乗らない人にも空港に来て食事や買い物を楽しんでほしい。その対策が重要」と割引による利用者の負担軽減を図る。
 青森空港(青森市)が国際線利用者の駐車場料金を割り引くなど、地方空港も経営と利用者の利便性の両立を図ろうと努めている。同社もこうした取り組みを参考に今後、現在の平面駐車場が手狭になって対策が必要になった場合、将来的には駐車場収入を原資にして立体駐車場を建設する可能性も模索する。
 県議会には「県民にとって魅力的で有益な空港であるべきだ」として有料化の在り方を慎重に検討するよう求める声が根強い。ターミナルビルそばの障害者向け駐車場は残す方針だが、同社は今後、有料にするか、無料にするかを検討する。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト