静岡新聞NEWS

住民投票で一時中断の産廃計画 御前崎市長、川勝知事に報告

(2020/1/15 17:26)
産廃処理施設を巡る対応について川勝平太知事に報告する柳沢重夫御前崎市長(右)=15日午前、県庁
産廃処理施設を巡る対応について川勝平太知事に報告する柳沢重夫御前崎市長(右)=15日午前、県庁

 御前崎市の住民投票で建設反対が9割に上り、事業者が計画の一時中断を表明した産廃処理施設について、同市の柳沢重夫市長が15日午前、静岡県庁に川勝平太知事を訪ね、状況を報告した。
 報道陣に公開された会談の冒頭、知事は「感心している。住民主権、民主主義の基本を実践している」と住民投票の結果を受けて事業撤退を求めている市長の姿勢を評価。「必ずしも議会が人々の意見と一致しているわけではない。その際に一人一人が意見を表明できるのが住民投票」とも語った。
 市長は会談後、報道陣に対し「市民の理解と協力がないとまちづくりを進められない。知事も私の思いに賛同してくれた」と述べた。今後の見通しについて「市民の合意形成がなされなければ、環境影響評価(アセスメント)の準備書は県に提出できず、いつになるか分からない」と指摘し、事業者は計画を断念せざるを得ないとの見方を示した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿