静岡新聞NEWS

深沢、木内両氏推薦を決定 衆院4区補選、自民富士宮支部

(2020/1/12 08:04)

 自民党富士宮市富士宮支部は11日、同市内で役員会を開き、同党衆院議員望月義夫氏(静岡4区)の死去に伴う4月の補選で、清水区選出の深沢陽一県議(43)と富士宮市選出の木内満県議(39)の2氏への推薦を決めた。
 党県連が望月氏の後継候補となる4区支部長を公募することを決定し、同支部が両県議から推薦願を受けていた。支部として県連の選考に判断を委ねる方針から両者への推薦を決め、支部関係者によると異論は無かったという。
 富士宮市内のうち残る同市芝川支部は、13日に幹部による会合を開いて方向性を決める予定。その後、役員全体の会合で対応を正式決定する見込み。

 ■富士川は深沢氏
 自民党富士市富士川支部は11日、同党衆院4区支部長の公募について、深沢陽一県議を推薦すると決めた。
 富士川支部によると、深沢氏から10日、同支部に推薦依頼があった。同支部役員10人が11日までに、同氏の推薦を了承した。支部関係者は「望月氏を継ぐ候補者には、清水区選出の県議である深沢氏がふさわしい」と理由を述べた。11日現在、深沢氏のほかに推薦依頼はないという。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト