静岡新聞NEWS

リニア水問題、流域10市町が面会拒否 JR東海社長「残念」

(2019/11/21 07:35)

 JR東海の金子慎社長は20日に都内で開いた定例記者会見で、リニア中央新幹線工事に伴う大井川の流量減少問題を説明するため流域10市町に求めた個別の面会を断られたと明らかにした。「残念だ。こちらの考えを押しつけるのでなく、丁寧に説明したい」と述べ、今後の10市町に関する対応は県を窓口とする考えを示した。
 金子社長は「チャンスがあれば話をしたい考えは変わらない」とし、静岡市は「具体的なことは決まっているかどうか承知していないが、説明は聞いていただけるということだ」と述べた。ただ、同市の担当者は取材に「訪問の意向は聞いたが、誰がどんな目的で来るのか聞いておらず、正式な打診と受け止めていない。訪問の目的、内容を聞き次第、面会するかどうか判断したい」と答えた。
 国土交通省と県との新たな3者協議の枠組みに関して金子社長は「川勝平太知事が異議を表明され、今後の進め方が見えにくくなっているが、環境を大事にしながら工事を前に進める考えだ」と強調。川勝知事が環境省などの関与を求めていることに「国交省が軸になって、必要なら他の部局や官庁を手配する役割分担だ」とした。
 静岡工区以外の工事の進捗(しんちょく)状況を記者から問われ「難しいところから着手しているので苦戦しているように映るところもあるが、全体としては着実に進んでいる」との認識を示した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト