静岡新聞NEWS

音声を文字変換、アプリで会議録作成 浜松市、審議会で初導入

(2019/7/2 08:50)
音声を文字変換する「UDトーク」を導入した浜松市の審議会。発言者は専用マイクで話した=同市中区
音声を文字変換する「UDトーク」を導入した浜松市の審議会。発言者は専用マイクで話した=同市中区

 浜松市はこのほど、人工知能(AI)で音声を文字変換するアプリ「UDトーク」を初めて市の審議会で会議録作成用に導入した。委員の発言がスクリーンに文字で映し出され、議事が進行した。誤変換が含まれるなど課題もあったが、委員からは「思ったより正確」とおおむね好評だった。
 市南部協働センターで開いたユニバーサルデザイン審議会で使用した。これまで同市では審議会後に録音を聞いて文章化する「文字起こし」で会議録を作っていたが、「事務の効率化や負担軽減につながる」と期待する。
 市によると、UDトークの導入例は首都圏の自治体ではあるものの、県内では先駆的という。アプリはタブレット端末に搭載し、発言者に無線式マイクを回して議事を進めた。
 「不特定多数」という音声を「太く的多数」と変換したり、「受講者の」を「事故車の」と表示したりするなど音声の認識力は完全ではないが、市の担当者は「パソコンをつないで(職員が)誤変換を修正しながら進めることもできる」と説明した。
 委員からは「言葉の微修正は必要だが、テープ起こしをするより効率的」などと評価する声が目立った。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト