静岡新聞NEWS

清水町2新人、小山は現新届け出 3町長選告示、吉田は無投票か

(2019/4/16 15:01)

 統一地方選後半戦の3町長選と6町議選が16日、告示された。清水、小山両町長選は予想された現職、新人が立候補を届け出て、それぞれ一騎打ちの選挙戦に入った。吉田町長選は現職以外に届け出がなく、無投票になる公算が大きい。町議選は東伊豆、松崎、函南、清水、小山、吉田の6町で、午前11時現在、計76の定数に86人が届け出た。東伊豆は無投票が見込まれる。
 立候補届け出は午前8時半から各町選管で受け付け、午後5時に締め切る。投開票は14日告示の7市議選と共に21日に行われる。
 清水町長選は元副町長の関義弘候補(65)と元町議の花堂晴美候補(44)の新人2人が無所属で届け出を済ませ、選挙戦に入った。
 小山町長選は3選を目指す無所属の現職込山正秀候補(71)=自民党県連推薦=と、新人の元県議池谷晴一候補(69)が出馬。8年ぶりの選挙戦になった。
 吉田町長選は5期目を目指す現職田村典彦候補(75)が無所属で立候補を届け出た。ほかに出馬の動きはなく、無投票で出直し選を含む6選を決める可能性が高い。
 町議選は町長の不信任決議を経て議会解散した松崎で、定数を4人上回る12人が立候補した。函南、清水、小山、吉田でも定数を1、2人上回った。

 ■町長選立候補者
 氏名、年齢、党派、当選回数、略歴は主な現職・元職、最終学歴、住所の順

 <吉田町>
 田村典彦[たむら・のりひこ] 75 無現(5) 
 ▽現=町長、町観光協会会長、榛原郡町村会会長▽元=旧防衛庁職員。上智大卒。住吉

 <清水町>
 関義弘[せき・よしひろ] 65 無新 
 ▽元=副町長、町企画財政課長、町総務課長。東京理科大卒。柿田
 花堂晴美[はなどう・はるみ] 44 無新 
 ▽元=保育園職員、町子育て支援アドバイザー。明治大公共政策大学院修了。伏見

 <小山町>
 込山正秀[こみやま・まさひで] 71 無現(2)(自民党県連推薦) 
 ▽現=町長▽元=町議1期、県議4期、自民党県連総務会長、同副会長、県議会副議長。日大卒。一色
 池谷晴一[いけや・せいいち] 69 無新 
 ▽現=行政書士、御殿場南高後援会会長、御殿場市サッカー協会会長▽元=同市議1期、県議4期。明治学院大卒。中島

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト