静岡新聞NEWS

JR「想定外、対処できず」 リニア工事のアルカリ排水

(2019/4/15 17:01)

 リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に伴う水資源や生態系への影響を検証する静岡県中央新幹線環境保全連絡会議が15日、県庁で開かれた。工事に伴って流出する汚れた水やアルカリ排水の量が、処理設備の能力を超えた場合の対処方針について、JR東海は事前に排水量が分からなければ対処できないとの認識を示した。
 同社は濁った水やアルカリ排水を高度浄化装置などの処理設備で適切に処理し、トンネル掘削完了後も水質が定常的な状態になるまでは処理設備を設置すると説明した。
 これに対し、塩坂邦雄委員が、出水時などに排水が設備の処理能力を上回る場合を想定すべきだと指摘。「(排水が処理能力を上回った場合に)そのまま河川に流せば、生態系への影響は非常に壊滅的になる」と同社にさらなる対応を促した。
 同社の沢田尚夫中央新幹線建設部次長は、トンネル掘削前の先進ボーリングで事前に状況が把握できれば設備の処理能力の増強などを検討する考えを示す一方、「(排水量を)いくつに設定しても処理能力以上のものは想定外となり、処理できない。そこは(議論が)かみ合わない気がする」とした。塩坂委員は「それでは地域に対する責任が伴わない。納得できない」と苦言を呈した。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト