静岡新聞NEWS

力強いポスター、五輪自転車競技PR 静岡県、500日前で作製

(2019/3/15 07:20)
静岡県内での自転車競技開催をPRするポスター=12日、県庁
静岡県内での自転車競技開催をPRするポスター=12日、県庁

 静岡県は、2020年東京五輪開催500日前(3月12日)に合わせ、自転車競技の県内開催をPRするポスターを作製した。選手が自転車で駆け抜ける様子を墨で描いたようなデザインで、力強さや速さをイメージしている。
 デザインは五輪競技のロード、マウンテンバイク・トラック、パラリンピック競技のタンデムの3種類。「忍耐」「不屈」「疾風」の文字や開催日時が書かれている。3枚を横に並べると、選手の絵の背景に赤い空と青い富士山が表れる。
 計2千枚を作製。開催地の伊豆市や小山町、御殿場、裾野両市を含む県内35市町をはじめ、県内の関係団体に配布する。
 県オリンピックパラリンピック推進課の担当者は「風を切るイメージで作製した。自転車競技の県内開催を多くの人に知ってもらえれば」と話している。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト