静岡新聞NEWS

浜北区役所跡にスマートマンション 浜松市が事業者公募へ

(2019/2/16 07:16)
売却対象地(旧浜北区役所)
売却対象地(旧浜北区役所)

 浜松市は15日の市議会環境経済委員会で、旧浜北区役所跡地の土地活用を巡り、エネルギー自給型の「スマートマンション」を計画する民間事業者を公募する方針を示した。3月中に公募を始め、5月にも事業者を決定して売却する予定。
 対象地は8800平方メートルで、遠州鉄道浜北駅から北東約600メートルの区中心部。市はスマートマンションの基本方針に、再生可能エネルギーで一定割合の自給ができる▽災害時に近隣住民の電源確保などを支援できる―などを例示。公募時はエネルギー自給率や地域貢献の在り方など、具体的な条件を提示して事業者を募るという。また、スポーツ施設や商業施設と組み合わせた開発整備の提案も受ける方針。
 市は再生可能エネルギーやガスコージェネレーション(熱電併給)といった自立分散型電源を地域で活用するスマートシティ実現に向けた施策を展開中。浜北区は市のモデル地域の一つで、16年度から企業とつくる協議会でエネルギーの効率的な活用を研究してきた。
 市エネルギー政策課の担当者は「地元の自治会連合会や区協議会には説明し、理解を得た。災害対応力を強化した街づくりを進めたい」としている。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト