政府、韓国大使を呼び抗議 判決に「断じて認められず」

 日本政府は8日、韓国のソウル中央地裁が元従軍慰安婦訴訟で日本政府に賠償を命じた判決に強く反発した。秋葉剛男外務事務次官は韓国の南官杓駐日大使を外務省に呼び「地裁が国際法上の主権免除の原則を否定し、原告の訴えを認める判決を出したことは極めて遺憾であり、日本政府として断じて受け入れられない」と強く抗議した。

外務省で記者に囲まれる韓国の南官杓駐日大使(中央)=8日午前
外務省で記者に囲まれる韓国の南官杓駐日大使(中央)=8日午前

 加藤勝信官房長官も記者会見で「極めて遺憾だ。国家として国際法違反を是正するために適切な措置を講ずることを強く求める」と述べた。
 同時に、国際法上の主権免除の原則から韓国の裁判権に日本政府が服することは認められないとして「控訴する考えはない」とした。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0