追っかけわたしの特集

特集 : 大相撲

幕内栃ノ心、腰痛で休場 元大関、途中出場の可能性

 大相撲の西前頭13枚目、栃ノ心(34)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=が九州場所初日の14日、日本相撲協会に「急性腰痛症で約2週間の治療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。栃ノ心の休場は2019年九州場所以来で11度目。初日の対戦相手、豊山は不戦勝。

栃ノ心
栃ノ心

 師匠の春日野親方は13日の夕方に痛みを発症したとし「痛みがなくなれば出るつもりです」と途中出場の可能性を示した。元大関の栃ノ心は今場所の成績次第では、十両転落の可能性がある。
 日本相撲協会審判部は2日目の取組を再編成し、栃ノ心と対戦予定だった輝は豊山と組まれた。

いい茶0

大相撲の記事一覧

他の追っかけを読む