日本、北京パラ出場を逃す 世界パラアイスホッケーで4位

 パラアイスホッケーの世界選手権Bプール(2部相当)は22日、スウェーデンのエステルスンドで最終戦が行われ、日本はスウェーデンに延長、ペナルティーショット(PS)戦の末に1―2で敗れて4位となり、上位3チームが進出する北京冬季パラリンピック最終予選の出場権を逃した。
 日本は4大会連続4度目の出場だった2010年バンクーバー・パラリンピックで銀メダルを獲得。14年ソチ大会は出場を逃し、前回の平昌大会では8位だった。
 車いすカーリングも出場権を逃しており、日本は団体競技での出場がなくなった。(共同)

いい茶0
メールマガジンを受信する >