追っかけわたしの特集

特集 : 大相撲

新横綱の照ノ富士が土俵入り 不知火型、明治神宮で

 大相撲の第73代横綱に昇進した照ノ富士(29)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が24日、東京都渋谷区の明治神宮で奉納土俵入りを行った。新型コロナウイルス禍で一般参拝客が入れない社殿内で実施された。

奉納土俵入りを披露する横綱照ノ富士。太刀持ち宝富士=24日、東京・明治神宮(代表撮影)
奉納土俵入りを披露する横綱照ノ富士。太刀持ち宝富士=24日、東京・明治神宮(代表撮影)

 照ノ富士はせり上がりで両腕を左右に広げ、攻めの姿勢を表現する不知火型を披露。「ちゃんとできたかなと思う。責任感を持って頑張っていかないといけない」と語った。太刀持ちに宝富士、露払いに照強を従え、三つぞろいの化粧まわしは師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)の現役時代のものを締めた。

いい茶0

大相撲の記事一覧

他の追っかけを読む