入江聖奈が凱旋、鳥取県は栄冠賞 砂のカエルメダルも

 東京五輪のボクシング女子フェザー級で日本女子初の金メダルを獲得した入江聖奈選手(20)が18日、故郷の鳥取県に凱旋した。県は、入江選手の活躍を受けて創設したスポーツ最高栄冠賞を、県民栄誉賞と共に贈った。実家がある同県米子市も、市民栄光賞を贈呈。入江選手は「メダルや賞に恥じない社会人になりたい」と明るく語った。

鳥取県から贈呈された砂のメダルと金メダルを手にする東京五輪ボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手=18日午後、鳥取市
鳥取県から贈呈された砂のメダルと金メダルを手にする東京五輪ボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手=18日午後、鳥取市

 入江選手は「砂丘色のメダルを取りたい」との表現で優勝への意気込みを語るとともに、カエル好きを公言していた。県は副賞として、鳥取砂丘の砂を固めてカエルをかたどったメダルもプレゼント。平井伸治知事から首に掛けられた入江選手は、満面の笑みを浮かべた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >