追っかけわたしの特集

特集 : 大相撲

照ノ富士、横綱昇進が有力に 「成績満たす」と審判部長

 大相撲の東大関照ノ富士(29)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が名古屋場所後に横綱に昇進することが16日、有力となった。13日目の同日に大関正代を下して無傷の13連勝となり、昇進問題を預かる日本相撲協会審判部の伊勢ケ浜部長(元横綱旭富士)は「優勝するに越したことはないが、成績的には十分満たしている」との見解を示した。

正代を攻める照ノ富士。押し出しで破る=ドルフィンズアリーナ
正代を攻める照ノ富士。押し出しで破る=ドルフィンズアリーナ

 照ノ富士の師匠でもある同部長は場所前、優勝か優勝に準ずる成績で、昇進の可能性があるとしていた。昇進すれば2017年初場所後の稀勢の里以来の横綱誕生となり、令和初。平成生まれの力士が初めて最高位に就くことになる。

いい茶0

大相撲の記事一覧

他の追っかけを読む