追っかけわたしの特集

特集 : 大相撲

幕内遠藤、左脚負傷で休場 約3週間の安静加療

 大相撲の人気力士で東前頭筆頭、遠藤(30)=本名遠藤聖大、石川県出身、追手風部屋=が名古屋場所5日目の8日、日本相撲協会に「左大腿二頭筋損傷で約3週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。4日目までは1勝3敗だった。5日目の対戦相手、関脇御嶽海は不戦勝。休場は3月の春場所以来8度目。

遠藤
遠藤

 今場所の十両以上の休場者は、首を負傷した大関貴景勝、新型コロナウイルス対策のガイドライン違反で出場停止処分を受けた大関朝乃山ら6人となった(途中出場者を含む)。

いい茶0

大相撲の記事一覧

他の追っかけを読む