広い範囲で大気不安定 寒気伴う低気圧、突風注意

 寒気を伴った低気圧の影響で北日本から西日本の広い範囲では26日にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込みとし、気象庁は25日、竜巻などの激しい突風、雷やひょう、局地的な激しい雨に注意を呼び掛けた。
 気象庁によると、上空約5500メートルに氷点下24度以下の寒気を伴った低気圧が、25日夜から26日明け方にかけて日本海側から北日本を通過する見込み。北日本から西日本は大気の状態が安定しないという。

いい茶0
メールマガジンを受信する >