ロシア、米外交官10人報復追放 バイデン氏強硬姿勢に反発

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は16日、米国が対ロ制裁の一環としてロシア外交官10人の追放を発表したことを受け、ロシア側も「米外交官10人の退去を求める」と述べた。インタファクス通信が伝えた。

バイデン米大統領(ロイター=共同)、ロシアのプーチン大統領
バイデン米大統領(ロイター=共同)、ロシアのプーチン大統領

 バイデン米大統領が15日、ロシアに対話を呼び掛ける一方、対ロ経済制裁を打ち出したことで、ロシア政界ではバイデン政権の「圧力で米の要求をのませる強硬姿勢」(上院のコサチョフ副議長)への反発が強まっている。バイデン氏が提案した米ロ首脳会談にプーチン大統領が応じるかどうか不透明感が出てきた。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0