在日米軍司令官の格上げ検討 長官、自衛隊と連携強化

 【ワシントン共同】オースティン米国防長官は在日米軍司令部(東京・横田基地)の司令官の階級を中将から大将に格上げする案を「詳細に検討している」と述べた。3日にシンガポールで記者団に語った内容を国防総省が発表した。日本が陸海空3自衛隊を一元的に指揮する「統合作戦司令部」を発足させるのに伴い、トップの階級を同等にして連携を強める狙い。

アジア安全保障会議に出席するオースティン米国防長官=1日、シンガポール(ロイター=共同)
アジア安全保障会議に出席するオースティン米国防長官=1日、シンガポール(ロイター=共同)

 日米の指揮・統制枠組み見直しは、4月の日米首脳会談で合意した。中国や北朝鮮への抑止力向上を図るためだが、日本の憲法が禁じる他国軍の武力行使との一体化につながるとの懸念が広がりそうだ。
 シンガポールで開かれたアジア安全保障会議に出席したオースティン氏は在日米軍司令官の階級の格上げ案について、現時点で発表することはないとしながらも「評価を進めている」と述べた。
 中距離ミサイルを日本に配備する可能性については「さまざまな装備を訓練の一環として定期的に配備している。訓練を強化するため日本と協力する」と語り、含みを残した。
 現在の在日米軍司令官はラップ空軍中将。後任にジョスト空軍少将が指名されており、就任すれば中将に昇格する。統合作戦司令部は2024年度末、東京・市谷に開設予定。トップの統合作戦司令官は、陸海空幕僚長と同格の「将」とする。
 在日米軍司令部の権限は現在、基地の管理などに限定され、実動部隊の指揮や自衛隊との調整はハワイのインド太平洋軍司令部が担っている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞