ナワリヌイ氏遺体、母に引き渡し 葬儀など未定

 ロシア北極圏の刑務所で死亡した反政府活動家ナワリヌイ氏の広報担当者ヤルミシュ氏は24日、ナワリヌイ氏の遺体が母リュドミラさんに引き渡されたと明らかにした。葬儀の日程などは未定としている。X(旧ツイッター)に投稿した。

サンクトペテルブルクの政治弾圧犠牲者の記念碑に供えられた「われわれはアレクセイ(ナワリヌイ氏)を悼む」とのメッセージ=24日(AP=共同)
サンクトペテルブルクの政治弾圧犠牲者の記念碑に供えられた「われわれはアレクセイ(ナワリヌイ氏)を悼む」とのメッセージ=24日(AP=共同)

 ナワリヌイ氏は16日、収監されていた極北ヤマロ・ネネツ自治管区の刑務所で死亡した。リュドミラさんによると、刑務当局はこれまで遺体の引き渡しを拒否し、葬儀なしの「秘密の埋葬」に応じるよう要求。従わなければ遺体を刑務所の敷地に埋葬すると通告していた。
 ヤルミシュ氏は、遺族が希望する形の埋葬を当局が「妨害しないとは限らない」と言及した。
 リュドミラさんは、ヤマロ・ネネツ自治管区の中心都市サレハルドで21日夜に遺体と対面した。「自然死」と記された死亡診断書に署名し、遺体の即時引き渡しを求めていた。
 プーチン政権と対立したナワリヌイ氏は過去の経済事件などで懲役刑となった。当局発表によると、刑務所内で散歩の後に気分が悪くなったと訴えて急死した。妻ユリアさんは「夫は殺された」と主張している。(共同)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞