恐竜化石、胃の中に獲物 ティラノサウルス科で初

 筑波大と北海道大は11日、肉食恐竜「ゴルゴサウルス」の幼体の全身骨格化石から、食べた獲物が胃に残った状態で見つかったと発表した。胃の内容物が残るティラノサウルス科の化石が確認されるのは世界初という。未解明だった幼体の食性を示す直接的な証拠で、成長するにつれて食性が変化するとの仮説を裏付ける発見だとしている。

胃の中に小型恐竜の脚などが見つかった「ゴルゴサウルス」の化石。上部が頭、右下は胃と捕食した恐竜の脚(ロイヤル・ティレル古生物学博物館提供)
胃の中に小型恐竜の脚などが見つかった「ゴルゴサウルス」の化石。上部が頭、右下は胃と捕食した恐竜の脚(ロイヤル・ティレル古生物学博物館提供)

 この化石はカナダ・アルバータ州南部に分布する白亜紀後期の地層(約7530万年前)から発見された。体重は約335キロ、体長は約4メートル、5~7歳と推定される。胃の中には小型恐竜(推定体重は9~12キロ)2体分の脚などが折り畳まれた状態で入っていた。丸のみではなく、肉付きの良い脚をちぎるようにして食べたと考えられる。
 ティラノサウルス科の恐竜は11歳ごろからがっしりした大人の体つきに変化し、体長が9~12メートルになる成体はトリケラトプスなど大型の植物食恐竜を食べることが知られていた。今回、幼体は捕食時の危険が比較的低い小型恐竜を獲物にしていたことが判明した。
 筑波大の田中康平助教(古脊椎動物学)は「食生活がわかる貴重な標本で、状態が良いのは珍しい。ティラノサウルス科は成長につれて獲物が変わることが裏付けられた」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞