労基署調査 期待と不安 俳優急死 宝塚ファンや関係者

 宝塚歌劇団(兵庫県)の俳優の女性(25)が急死した問題で、西宮労働基準監督署(同県西宮市)が歌劇団に立ち入り調査したことを受け、ファンら関係者からは23日、俳優らの過酷な労働実態の改善を期待する声の一方、演劇界の特殊性ゆえに調査が難航することへの懸念も聞かれた。
 「宝塚の皆さんが忙しいのは知っていたけれど、労基署が入るほど深刻なのかとショックを受けています」と言うのは、長年のファンという関西在住の60代女性。「亡くなった女性と同じ年頃の娘がいるので、遺族の方を思うと胸が張り裂けそう。劇団は誠実に対応してほしい」
 元タカラジェンヌで、女性が急死して以降、歌劇団内部で受け継がれてきた過酷な慣行をメディアで証言している東小雪さんは「(歌劇団を運営しているとは言っても)阪急電鉄も一企業に過ぎない。社会制度の中で是正すべき点は是正すべきで、立ち入り調査は当然のことだと思う」。
 俳優が演技以外に雑用をこなし、小道具を自宅で手作りするなど、歌劇団特有の働き方があることも指摘。上級生と下級生の間の苛烈な上下関係があり「長時間労働が嫌がらせと地続きにある」と感じる。調査でどこまで切り込めるかに懸念を示した。
 「芸事をする人間を特別視するのではなく、一人の労働者として見てほしい」とは、現代演劇ウオッチャーの高野しのぶさん。歌劇団幹部が記者会見で「(俳優たちは)芸事を深めるために自分の時間も含めて対処している」と特殊性を強調したことに警戒感を示す。
 「演劇の世界では俳優が自主的に活動する必要は確かにあるが、女性の遺族側の訴えには歌劇団の強制的な面を感じる。『搾取』の構造がなかったか、しっかり解明してほしい」

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞