山口で新属新種の化石発見 アミメカゲロウ目

 日本最古の昆虫化石産地として知られる山口県美祢市の約2億3千万年前の地層から「アミメカゲロウ目」の新属新種の化石が5点見つかったと同市が31日、発表した。うち「ヤマグチウス・スプレンディウス」などと名付けられた2点は「オオアミカゲロウ上科」で世界最古の化石だという。

「アミメカゲロウ目」の新属新種の化石(美祢市教育委員会提供、大山望博士撮影)
「アミメカゲロウ目」の新属新種の化石(美祢市教育委員会提供、大山望博士撮影)

 美祢市によると、化石5点は全て羽の部分のみで長さ約1~2センチ、幅約0・5~1センチ。同市歴史民俗資料館などが1987~90年の国道改良工事に伴う化石調査で採集した。
 2019年からパリ古生物研究センターの大山望博士らが研究を開始し、羽の模様である「翅脈」の分岐の特徴などから新属新種だと判明した。
 大山博士は記者会見し「アミメカゲロウ目の化石はこれまでオーストラリアなどで見つかってきたが、今回の発見は北半球における進化を理解する上で重要な知見となる」と述べた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞