早期治療で「救命の可能性」 コロナワクチン接種後、女性死亡

 愛知県愛西市で昨年11月、新型コロナウイルスワクチン集団接種を受けた女性が死亡したのは医療事故に当たるとして、医療事故調査制度に基づき経緯を調べていた市の調査委員会が26日、接種後に体調が悪化した際に早期に治療が行われていれば「救命できた可能性を否定できない」とする報告書を公表した。

事故調査委員会から報告を受けた後に取材に応じる、飯岡綾乃さんの夫英治さん(右端)=26日午後、愛知県愛西市役所
事故調査委員会から報告を受けた後に取材に応じる、飯岡綾乃さんの夫英治さん(右端)=26日午後、愛知県愛西市役所

 市によると、女性は飯岡綾乃さん=当時(42)=で、昨年11月5日の接種後に死亡した。報告書はアナフィラキシー(重いアレルギー反応)が関与していた可能性が高いと指摘。さらにアドレナリンが速やかに投与された場合、症状悪化を和らげ、高次医療機関での治療につなげられた可能性にも言及した。 
 接種後の待機中、飯岡さんの容体悪化に直面した看護師や医師がアナフィラキシーを想定せず、迅速にアドレナリン注射しなかったことは「標準的でなかった」とした。
 また、現場で患者が急変した場合の対応シミュレーションを実施しておらず、非常時は会場の医師全員で対応する仕組みにもなっていなかったなどとし、改善を促した。
 コロナワクチン接種後の死亡事例のうち、厚生労働省の専門部会は、2例について接種との因果関係を否定できないと評価。1例目は飯岡さんとみられ、2例目は徳島大が司法解剖し、死亡と接種の関連性を指摘した女子中学生=当時(14)=とみられる。
 調査結果は遺族のほか、医療の安全対策などに取り組む第三者機関「医療事故調査・支援センター」に報告される。

あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞