作曲家の西村朗さん死去 オペラ「紫苑物語」

 オペラ「紫苑物語」など多くの作品を残した作曲家の西村朗(にしむら・あきら)さんが7日午後8時12分、右上顎がんのため東京都内の病院で死去した。69歳。大阪市生まれ。葬儀は近親者で行った。喪主は妻優子さん。

西村朗さん
西村朗さん

 NHK・Eテレ「N響アワー」の司会、いずみシンフォニエッタ大阪や草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルの音楽監督を務めた。東京音楽大の教授として後進の指導にも尽力した。
 1977年、エリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門大賞。2013年紫綬褒章。
 19年には、新国立劇場の委嘱で作曲した新作「紫苑物語」が話題を集めた。今年7月、いずみシンフォニエッタ大阪の定期演奏会で自身の曲「三重協奏曲〈胡蝶夢〉」が世界初演された。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞