新型コロナ、第9波懸念強まる 5類移行後、6週連続で増加

 厚生労働省は30日、全国約5千の定点医療機関から19~25日の1週間に報告された新型コロナウイルスの感染者は計3万255人で、1医療機関当たりの平均は6・13人だったと発表した。前週比は1・09倍。新型コロナの法的な位置付けが5月8日に「5類」に移行してから6週連続で増加しており、流行第9波入りの懸念が強まった。

那覇市の街並み
那覇市の街並み

 厚労省は「緩やかな増加傾向が継続している。夏に向けて一定の感染拡大がある可能性があり、沖縄の状況を注視していきたい」としている。
 沖縄は1医療機関当たり最多の39・48人で患者数が急増。前週比1・37倍で、県が独自に発表している患者総数の推計値は1週間で1万人。第8波のピークを超える感染状況となっている。
 都道府県別で沖縄の次に多かったのは鹿児島11・71人、熊本8・75人と続いた。少なかったのは秋田3・10人、島根3・42人、岡山3・68人など。39都府県で増えた。新たな入院者数は全国計4567人で、前週比1・01倍だった。

あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞