経産相、次世代太陽電池を視察 積水化学工業の研究拠点

 西村康稔経済産業相は17日、大阪府島本町の積水化学工業の研究拠点を訪れ、次世代太陽電池として注目が集まる「ペロブスカイト太陽電池」の開発状況を視察した。軽くて柔軟な点が特徴で、ビルの壁面や曲面への設置が可能。政府は脱炭素を支援する「グリーンイノベーション基金事業」などを通じて技術開発を支援している。

積水化学工業が開発中のペロブスカイト太陽電池=17日午後、大阪府島本町
積水化学工業が開発中のペロブスカイト太陽電池=17日午後、大阪府島本町
積水化学工業の研究拠点を視察後、記者会見する西村経産相=17日午後、大阪府島本町
積水化学工業の研究拠点を視察後、記者会見する西村経産相=17日午後、大阪府島本町
積水化学工業が開発中のペロブスカイト太陽電池=17日午後、大阪府島本町
積水化学工業の研究拠点を視察後、記者会見する西村経産相=17日午後、大阪府島本町

 ペロブスカイト太陽電池は日本で発明され、ヨウ素などの主原料も国内で安定調達できる。一方、早期事業化には耐久性の向上が不可欠とされる。西村氏は実際に発電して扇風機を回すデモンストレーションを見学。積水化学の加藤敬太社長との意見交換も行った。
 ペロブスカイト太陽電池は、パナソニックホールディングスなども開発に取り組んでいる。西村氏は視察後の記者会見で「日本発の技術として世界をリードしてほしい。実装化、量産化に向けて経産省としても後押ししていきたい」と述べた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞