東北、関東の6地点で猛暑日 連日の高温、熱中症に注意

 東日本や北日本は18日、高気圧に広く覆われて気温が上昇した。福島県伊達市で36・2度に達するなど、福島、群馬、埼玉の計6地点で最高気温が35度以上の猛暑日となった。17日の岐阜県揖斐川町に続き、2日連続で猛暑日を記録。全国914観測点のうち30度以上の真夏日も、270地点を超えた。

真夏日となった山形市内を歩く人たち=18日午後
真夏日となった山形市内を歩く人たち=18日午後
気象庁
気象庁
真夏日となった山形市内を歩く人たち=18日午後
気象庁

 暖かい空気が流れ込み、山越えの熱風が吹き下ろす「フェーン現象」の影響が加わったとみられる。気象庁は、まだ体が暑さに慣れていない時期のため、こまめに水分を取ったり、エアコンを使ったりするなどの熱中症対策を呼びかけた。
 19日は全国的に雨や曇りの予報で、予想最高気温が25度以下のところが多い。気温の落差が大きく、体調管理に注意が必要だ。
 気象庁によると、他に猛暑日となったのは、福島市35・4度、群馬県伊勢崎市35・1度、同県館林市、埼玉県熊谷市、同県鳩山町35・0度。東京都心は32・2度で連日の真夏日を記録した。
 5月の観測史上最高気温を更新した福島市のJR福島駅前広場では炎天下、半袖の服にマスクを外す人の姿が多く見られた。市内の70代主婦は「異常気象だ。体が慣れないまま、いきなり気温が上がって疲れる」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞