コロナ脳症の子ども4人死亡 回復6割、8人に後遺症

 新型コロナウイルス感染症にかかり、急性脳症を起こした子どもについて、厚生労働省の研究班が25日までに全国調査の結果を公表した。調査対象の31人中、61%に当たる19人は回復したが、4人が死亡し、8人に後遺症が確認された。8人のうち、5人は意識がなかったり、寝たきりで介助が必要になったりと重い症状が残っていた。
 研究班代表の高梨潤一・東京女子医大八千代医療センター教授(小児神経学)は「発熱に伴うけいれんが10分以上止まらない、意識の回復が悪い、行動がおかしいときには救急車を呼ぶなどしてすぐに受診してほしい」と話している。
 東京女子医大や東京都医学総合研究所などの研究班は、2020年1月から22年5月までに新型コロナに感染した18歳未満の急性脳症の症例を調べた。急性脳症の原因となる基礎疾患がない患者は31人だった。
 初期症状としては約半数にけいれんがあったほか、意識障害や異常な言動がみられた。オミクロン株が感染拡大してから発症した例が多いが、発症割合はその前と変わらないという。
 子どもの急性脳症はインフルエンザでも起きることが知られている。

あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞