米23年末物価、3・3%上昇 FRB予想、当面高止まり

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)が22日公表した連邦公開市場委員会(FOMC)出席者による米経済見通しで、2023年10~12月期の個人消費支出(PCE)物価指数の前年同期比上昇率が3・3%になると予測した。昨年12月の前回予想の3・1%から引き上げた。
 FRBは上昇率を2%へ低下させることを目指しているが、当面は高止まりするとの見方を示した。24年の予想は2・5%、25年は2・1%にそれぞれ据え置いた。
 23年10~12月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比0・4%増と予測し、前回予想の0・5%増から下方修正した。物価高抑制に向けたFRBの政策金利引き上げが個人消費を冷やし、景気が悪化するとの見通しを反映したとみられる。
 24年の成長率予測も引き下げ、前回予想の1・6%から1・2%へ変更。25年は1・8%から1・9%へ引き上げた。
 23年10~12月の平均失業率は4・5%となり、堅調な雇用情勢を背景に前回予想の4・6%ほど悪化しないと見込んだ。24年、25年はそれぞれ4・6%になると予測。今年2月の雇用統計で失業率は3・6%だった。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞