首相、教育のデジタル化を推進 教職員の処遇改善にも努力

 岸田文雄首相は10日、小中学生にパソコンなどのデジタル端末を1人1台用意する「GIGAスクール構想」を推進する考えを示した。教職員の処遇改善に努める意向も表明した。

埼玉県戸田市の戸田東小を訪問し、3Dプリンターを使った授業を視察する岸田首相(右端)=10日午前
埼玉県戸田市の戸田東小を訪問し、3Dプリンターを使った授業を視察する岸田首相(右端)=10日午前

 授業でデジタル端末を活用している埼玉県戸田市の戸田東小を視察後、記者団に「地域間、学校間の端末活用格差を是正し、教育のデジタル化を進める」と強調。処遇改善に関しては、今春に公表する勤務実態調査の速報値を踏まえ、6月の経済財政運営の指針「骨太方針」に方向性を示すとした。
 児童がパソコンを操作したり、3Dプリンターでキーホルダーを作ったりする様子を視察。近隣の中学校を含む若手教諭らと車座で対話した。
 教諭の一人は「デジタル端末を使った授業では、逆に生徒から教えられることもある」と指摘。子育て中の女性教諭は「遅い時間まで残業しにくい」と訴え、首相はメモを取っていた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞