成田山新勝寺で節分豆まき 3年ぶりにコロナ前同規模

 千葉県成田市の成田山新勝寺で3日、毎年恒例の節分会が行われ、歌舞伎俳優の十三代目市川團十郎白猿さんや大相撲の高安関らが、豆まきで新型コロナウイルスの流行収束などを願った。昨年と一昨年は感染対策で規模を縮小したが、今年はコロナ禍前と同規模での開催となった。

成田山新勝寺の節分会で豆をまく歌舞伎俳優の市川團十郎白猿さん=3日午前、千葉県成田市
成田山新勝寺の節分会で豆をまく歌舞伎俳優の市川團十郎白猿さん=3日午前、千葉県成田市

 NHK大河ドラマ「どうする家康」に出演する俳優の大森南朋さんらも参加。大本堂前に設置した特設舞台から、手にいっぱいの豆を勢いよくまくと、集まった参拝客から歓声が上がった。
 茨城県神栖市から娘と訪れた主婦永作久子さん(71)は「世の中が早くコロナ前に戻ってくれれば。今年こそ友達とカラオケやお茶に行きたい」と願っていた。
 成田山新勝寺によると、本尊の不動明王は慈悲の心で鬼も改心させるとされ、「鬼は外」とは言わず「福は内」だけを繰り返すのが習わし。この日は大豆860キロを用意した。
 2021年の節分会では、1969年から続いていた大相撲力士や俳優ら著名人の参加を初めて見合わせた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ