ツーブロック禁止、全校で解消へ 福岡の市立中で校則見直し

 福岡市教育委員会は1日、市立中学の全69校で不合理な校則の見直しを進め、制服や頭髪規定に関する男女別の記載や、ツーブロックやポニーテールの禁止など5項目について、2022年度中に全校で解消される見込みとなったと発表した。

校則見直しについて記者会見する、福岡市教育委員会中学校教育課の永野主税課長=1日午後、同市役所
校則見直しについて記者会見する、福岡市教育委員会中学校教育課の永野主税課長=1日午後、同市役所

 市教委によると、21年の調査では、制服規定の男女別記載があったのは19校、頭髪の男女別は42校、ツーブロック不可・禁止規定は37校あった。同年7月以降、各校で生徒や保護者らが参加する「校則検討委員会」で見直しに取り組んできた。
 下着(Tシャツ)の色に関する規定は、「白のみ」など単色指定は全校でなくなるが、色を選択制にした学校もある。眉毛の長さ、靴下の色などは各校で判断にばらつきがあったという。
 文部科学省は昨年改訂した教員用手引書「生徒指導提要」で校則をホームページ等で公開することが適切としたが、20校にとどまっており、3月までに全校で公開する。
 中学校教育課の永野主税課長は、生徒の意見を反映した校則見直しが進み「生徒が自分たちで考え、主体的に守ろうとする態度が身についた」と評価。今後も各校で年1回は見直しを協議する。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞