フェンシング山田が応援大使に 五輪金、三重・鳥羽市で

 東京五輪のフェンシング男子エペ団体で日本勢初の金メダルを獲得した山田優(28)=山一商事=が21日、東京都内で三重県鳥羽市のふるさと応援大使委嘱式に出席した。出身地の同市が取り組んでいる持続可能な開発目標(SDGs)への関わりが期待され「SDGsアスリートとして一生懸命頑張りたい」と語った。

三重県鳥羽市のふるさと応援大使に選ばれ、中村欣一郎市長(左)から委嘱状を受け取るフェンシング男子の山田優=21日、東京都港区
三重県鳥羽市のふるさと応援大使に選ばれ、中村欣一郎市長(左)から委嘱状を受け取るフェンシング男子の山田優=21日、東京都港区

 今年から産業廃棄物を扱う山一商事の所属となったことで環境問題への意識が強まり「清掃活動などがあれば積極的に出向いて、引っ張っていく立場になりたい」と意欲的だ。
 2024年パリ五輪切符を念頭に「パリでは団体で連覇を目指し、個人でも金メダルを取りたい」と目標を定めた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ