絶滅危惧種のヤフオク出品禁止へ 新たに4千種、生物多様性を保護

 ヤフーは30日、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」で、絶滅危惧種などに指定されている生き物を個人が出品することを禁止すると明らかにした。生物の多様性を保護する狙いで、希少なメダカなど新たに4千種以上が対象となる。9月29日から実施する。

絶滅危惧種に指定されているメダカ(環境省提供)
絶滅危惧種に指定されているメダカ(環境省提供)

 ヤフオクではこれまで、法令で対面での説明が義務付けられている哺乳類や鳥類の出品は禁止していたが、魚類や昆虫類、植物の出品は認めていた。9月29日からは、環境省のレッドリストに掲載されている生物を出品できないようにする。メダカやゲンゴロウなどが含まれるが、品種改良されたメダカなどは規制の対象外となる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ