環境対応の都心ビル賃料4%上昇 意識向上、入居希望が増加

 省エネや緑化など環境性能で最高ランクの認証を取得した東京都心のオフィスビルは、取得前に比べ賃料が平均4・6%上昇したことが16日、三井住友信託銀行の推計で分かった。環境意識の高まりを背景に、賃料負担が大きくなっても入居を希望する企業が増えており、不動産業界では環境への取り組みを強化する動きが広がっている。
 国内では、国土交通省や日本政策投資銀行(DBJ)などが旗振り役となる認証制度がある。三井住友信託銀によると、認証を取得した物件を5段階に分類したところ、最高ランク(S)の物件で4・6%上昇し、3番目(B)でも2・8%上がった。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ