マスク外しても熱中症対策は必要 学会「リスク変わらず」

 マスクを外しても熱中症リスクは下がらないので、油断せずしっかり熱中症対策を―。日本救急医学会や日本感染症学会など関連4学会は15日、健康な成人ではマスク着用の有無で熱中症のリスクは変わらないことが最新の知見で分かったとして記者会見で注意を呼びかけた。この日改定を発表した新型コロナ流行下での熱中症対応の手引に盛り込んだ。

東京・渋谷のスクランブル交差点をマスク姿で行き交う人たち=15日午後
東京・渋谷のスクランブル交差点をマスク姿で行き交う人たち=15日午後

 マスクを外すと不快感や息苦しさは低減する。会見で救急医学会の坂本哲也代表理事は「厚生労働省が推奨する通り、人との距離がある場合はマスクを外して良いが、熱中症のリスクは下がらない。こまめに水を飲んだり直射日光を避けたりしてほしい」と促した。

あなたの静岡新聞 アプリ