EUトップ、キーウ訪問 2回目、加盟申請巡り協議

 【ブリュッセル共同】ウクライナからの報道によると、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は11日、ウクライナのゼレンスキー大統領らと同国のEU加盟申請を巡り協議するため首都キーウ(キエフ)を訪問した。キーウ訪問はロシアのウクライナ侵攻以降2回目。

11日、ウクライナ・キーウで共同記者会見するEUのフォンデアライエン欧州委員長(左)とゼレンスキー大統領(AP=共同)
11日、ウクライナ・キーウで共同記者会見するEUのフォンデアライエン欧州委員長(左)とゼレンスキー大統領(AP=共同)

 ゼレンスキー氏はEU加盟のために「あらゆることをする」と述べた。
 ゼレンスキー氏は2月末、EU加盟申請書に署名したと発表。EU欧州委員会は近く、ウクライナの申請を巡り意見書を出す予定。それを基に、加盟の準備ができていると全加盟国が判断すれば、ウクライナは正式に「加盟候補国」となり、交渉が始まる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ