ダム水没の村振興方針示す、熊本 観光や福祉充実、豪雨受け川辺川

 熊本県は5日、2020年7月の豪雨で氾濫した球磨川支流の川辺川でのダム建設に関し、水没予定地を抱える五木村の振興方針を公表した。ダム見学など観光振興や福祉の充実を柱とした。

熊本県五木村で開かれた住民説明会で発言する熊本県の蒲島郁夫知事(右)=5日午後
熊本県五木村で開かれた住民説明会で発言する熊本県の蒲島郁夫知事(右)=5日午後

 同日、住民説明会が開かれ、出席した蒲島郁夫知事は「村を(ダム計画で)翻弄させたことをあらためておわびする。安心して暮らせる、持続可能な村を目指したい」と話した。
 県は振興策の例として、ダム工事の一般公開や、アウトドア施設の設置を提示。オンライン診療や小型無人機ドローンによる宅配など、先端技術を取り入れた福祉の充実も盛り込んだ。国と県、村で協議し、今秋にも村振興計画を策定するとした。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ