福岡で男児死亡、複数の皮下出血 生後7カ月、事件の可能性も

 14日午後4時ごろ、福岡県大野城市のマンションから搬送された生後7カ月の男児、井上新大ちゃんの死亡が確認された。複数の皮下出血があり、県警は15日、司法解剖の結果、死因は胸腹部圧迫による肝破裂と発表。事件の疑いもあるとみて母親から事情を聴いている。

福岡県警本部
福岡県警本部

 市は15日、新大ちゃんは同居のきょうだいとともに児童福祉法に基づく「要保護児童」だったと発表。母親も出産前から支援を必要とする「特定妊婦」として登録されており、いずれも中長期的にサポートする対象だった。
 市によると、新大ちゃんは母親らと3人暮らし。

いい茶0
メールマガジンを受信する >