2メートル確保で屋外マスク不要 熱中症リスク説明、松野官房長官

 松野博一官房長官は12日の記者会見で、新型コロナウイルス感染対策としてのマスク着用に関し「子どもを含め予防策として大変重要だ」とした上で「これまでも2メートル以上の距離を確保できている場合は外すよう推奨している」と述べた。理由として、気温や湿度が高い季節には熱中症のリスクが高くなると重ねて説明した。

あなたの静岡新聞 アプリ