米、中国軍常駐なら対抗措置 ソロモン諸島に警告、首相と会談

 【ワシントン共同】米国家安全保障会議(NSC)でアジア政策を統括するキャンベル・インド太平洋調整官は22日、南太平洋の島国ソロモン諸島でソガバレ首相と会談し、ソロモンと中国が署名した安全保障協定について懸念を伝え、中国軍がソロモンに常駐した場合は対抗措置を取ると警告した。ホワイトハウスが発表した。

米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官(AP=共同)
米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官(AP=共同)

 バイデン政権は、協定が中国による南太平洋の軍事拠点化につながりかねないと警戒。キャンベル氏ら米政府代表団は、ソロモンで米大使館開設を急ぐ考えも伝達した。
 米政府によると、ソガバレ氏は協定で中国軍が基地を設置したり、長期駐留したりすることはないと確約したという。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ