消費者物価、5カ月連続で上昇 1月、0・2%プラス

 総務省が18日発表した1月の全国消費者物価指数(2020年=100、生鮮食品を除く)は、前年同月比0・2%上昇の100・1だった。前年を上回るのは5カ月連続。資源価格の高騰や円安の影響で電気代や食料が値上がりし、全体を押し上げた。上昇幅は昨年12月(0・5%上昇)より鈍化した。

全国消費者物価指数の動き
全国消費者物価指数の動き

 品目別では、エネルギーが前年同月比で17・9%伸びた。上げ幅は41年ぶりの大きさだった。電気代が15・9%、都市ガス代が17・8%、灯油が33・4%、ガソリンが22・0%それぞれ上がった。
 生鮮食品を除く食料も1・3%値上がりした。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ