コロナ影響、確定申告は延長 国税庁、全国一律見送り

 国税庁は3日、16日から始まる2021年分の所得税と贈与税、個人事業主の消費税の確定申告について、新型コロナウイルスの影響で申告が困難な人を対象に、4月15日まで受け付けを延長すると発表した。昨年まで2年連続で実施していた全国一律の延長は見送った。国税庁は「過去2年の経験を踏まえ、影響のある人に丁寧に対応するため」としている。

昨年2月、東京国税局の確定申告会場=東京都中央区
昨年2月、東京国税局の確定申告会場=東京都中央区

 申告期限は所得税と贈与税が3月15日、個人事業主の消費税は同31日。期限内に申告できなかった場合、申告書の余白や国税電子申告・納税システム(e―Tax)の特記事項欄などに、コロナの影響で延長を申請することを記載する。

あなたの静岡新聞 アプリ