北朝鮮、鉄道車両から2発発射 日本海へ、米の制裁拡大に反発

 【北京共同】朝鮮中央通信は15日、北西部・平安北道の「鉄道機動ミサイル連隊」が戦術誘導弾(ミサイル)を2発発射する訓練を14日に行い、ミサイルは日本海に設けた目標に命中したと伝えた。朝鮮人民軍と国防科学院の幹部が訓練を指導した。

15日に公開された「鉄道機動ミサイル連隊」による発射訓練の写真(朝鮮中央通信=共同)
15日に公開された「鉄道機動ミサイル連隊」による発射訓練の写真(朝鮮中央通信=共同)

 ミサイル発射を理由に対北朝鮮制裁の拡大を図る米国に反発した軍事的デモンストレーションの色彩が濃い。
 ブリンケン米国務長官は14日、韓国の鄭義溶外相と電話会談し、北朝鮮による今月の弾道ミサイル発射は「複数の国連安全保障理事会決議に違反している」と非難した。日米韓3カ国の協力が重要だとも強調した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >